n-cast+

部活・サークル

N-Caster:名古屋

2011
12/05

ESSってなに?

 こんにちは,経済学部のやっしぃです!

 

久々に(?)本格的な部活紹介やります!

というわけで,[ESS](英語クラブ)のご紹介をば。

 で,そもそもESSってなにー?(*´∀`*)

火曜の2限終了後,同じ授業を取っている経済学部の香椎君に(お昼ご飯食べながら)お話を聞きました。

CIMG1912.JPG 

 

香椎「ESSってのはEnglish Speaking Societyの略。
英語サークルだから“英語の勉強”とかやってるの想像するかも知れないけど,そういうことやってるわけじゃないんだよね。
“英語を使って”ドラマ(劇)やったり,ディスカッションしたり…英語をツールとして何かするのがESS。90人ぐらいいるよ。」

 

 

 

ずいぶん大所帯ですね。
――ところで,香椎自身は何をやっているの?

 

香椎「『ガイドセクション』って言って,愛知県に来てる留学生や旅行者向けにガイドをする活動。
留学生向けだったら名古屋城とか大須。
観光客向けは,研修を受けた後で名古屋城に行って,観光客に話しかけて『英語の勉強中で,名古屋城案内させてくれない?』と頼むよ。」

 

 

 

――へええ,ガイドって何が面白いの?

 

いろいろな人に会えることかなぁ。
一度,インド人に話しかけたら,その人はインテルで働いてるらしくて,ちょうどアメリカから来た……って話があった。
あとトルコ人もいたな…友達の伝手で名古屋に遊びにきたらしい。
あとは英語圏のアメリカ人,カナダ人,オーストラリア人などなど。
カナダ人夫妻は,奥さんがフランス語しか喋れなくて……
俺が英語で喋って,旦那さんがそれをフランス語に同時通訳,みたいなこともやってた。
旦那さんが気の毒だったけど(笑)」

 

 

 

――英語上達しそうだね。

 

香椎「もちろん上達するけど,なによりも『勢いで喋れるようになる』ことかなぁ。
日本人は読み書きが出来るから本来能力はあるのに,喋れない。それを強制的に引き出すって感じだね。
途中から「伝われば良いじゃん」って,文法とかどうでも良くなる。
外国人だってネイティブじゃない人たちは,必ずしも正しい英語喋ってるわけじゃないんだし。」

 

 

 

――あ,じゃあ英語苦手な人でも入れるの?

 

香椎「うん。実際にそういう子もいるよ。英語なんて所詮ツールなんだし,入ってから頑張れば大丈夫だよ。
「英語勉強会」ではないけどTOEICとかの話はよくするし,
経済学部から留学する人はほとんどいないけど,外国語学部とかだと留学する人が多くいるから刺激になるよ。」

 

 

みなさん,英語喋れますか? 

以前にもご紹介しましたが
(PC:www.nanzan-cast.net/2011/05/post-410.html,携帯:www.nanzan-cast.net/mobile/2011/05/post-410.html),
大学では高校までに勉強した知識を活かす方法を習得します。
といいつつも,やっしぃは自分の英語に自信を持てませんが……(笑)

 

日本に暮らしていて英語を使う機会はそう多くありませんよね。
ESSに入って自分から積極的に英語を使う機会を作るのも,良いかもしれませんね!
ちなみに南山はワールドプラザ(日本語禁止エリア)などもありますから,そちらもぜひご利用くださいませ(笑)

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2011年12月 >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆