n-cast+

event

N-Caster:名古屋

2011
10/10

情報理工学部特別ツアー!(後編)

みなさんこんにちは!
オープンキャンパスで行われた、
情報理工学部特別ツアーレポートの後編です。

未来の新技術が詰まったツアー!
チェックしてみてください。


3 倒立振り子ロボット
ロボットにプログラムを組み込み、自分で立って動くロボットを作る研究をしています。
イメージできますか?2速歩行ロボットや、セグウェイのようなものです。
これは面白いですよ!

robot.jpg.JPG



ロボットの体の傾きを制御することによって、立ったり玉乗りをしたり…
ロボットが様々な動きをします!
ゲーム機のコントローラーを使って、実際にロボットを動かす体験をしました。
もちろん高校生の方も楽しそうにしていましたが、
保護者の方が熱中して操作しているのが印象的でした。
私も動かしたかったなぁ…。

4 オペレーションズ・リサーチ研究

コスト(時間・費用)を最小化し、利益を最大化する手段・方法を研究しています。
聞き慣れず、少し分かりにくいこの研究について、
身近な例を交え、分かりやすく説明してくれました。

operation.jpg.JPG



例えば、お店の在庫管理(どれくらい発注して、どれくらい倉庫に置いておくのか)や、
避難シュミレーション(一番効率よく人を避難させられる経路はどの道か)、
トラックへの荷物の積み込み(どう積み
込むと無駄がないか)も
オペレーションズ・リサーチです。
そう考えると、実は私たちの生活に深く関わっていますね。

5 組み込みソフトウェア研究

その名の通り、ソフトウェアの組み込みを研究しています。
ここでは、ソフトウェアを組み込まれた「次世代の車」「次世代の家」を見せてもらいました。

kumikomi.jpg.JPG



「次世代の車」は、縦の白線の上を走り続け、
横の白2重線の上で停止する、というものでした。
学生によると、精度を高めていけば将来に実現可能とのこと…。
現時点でも、事故率は人間の運転よりよっぽど低いそうです!

「次世代の家」は、自動制御を備えた家のことで、
部屋に入ってきた人間を感知して、電気を付けたり消したり、
窓を開けたり閉めたりするそうです。

kumikomi2.jpg.JPG



実際に模型を使って説明を受けました。
実現したら、障害のある方にも過ごしやすい家になりそうですね。

いかがでしたか?
情報理工学部の魅力、伝わりましたか?
全体を通して、私たちにとって身近で、
「あると便利」なものづくり
を研究しているという印象でした。
生活に直結しているので、学び甲斐があると思いますよ!

理系のアナタ!南山で最新技術を学んでみませんか?

以上、みやでした!
次回をお楽しみに☆

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2011年10月 >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆