n-cast+

国際交流

N-Caster:名古屋

2011
09/16

Real@NANZAN連携記事・アジア編

名前:近藤祐貴

外国語学部アジア学科 2年

行った国:台湾

期間:20日間

費用:約15万

 

 

 

  

現地ではバイクがとても多く、日本より空気が悪い印象でした。

 

 留学期間中、現地の大学生とコミュニケーションを取る機会がとても多く、とても楽しかったです。
しかし何度も現地の人だと思い込まれ、ものすごく早口な中国語で話しかけられました

これは本当に困った…… 

この言語実習に参加した男子は自分一人だけ

行く前は心配だったのですが、行ってみると現地の人と笑ったり、冗談を言い合ったりしてとても楽しかったし、同じ学科の友達とより仲良くなれたのでよかったです。

 real-asia1.jpeg

 

 

多くの観光名所にも行くことができ、
また多くの屋台が軒を連ねる夜市という台湾独特の文化にも触れ、とても良い経験になりました。real-asia2.jpeg

 


中国語はもちろん、中国の歴史や文化に興味があるので、今後も勉強を重ねていきたいです。

 

 

○旅の行程○
1、2日目は学内見学でした。

平日の午前は授業

午後は自由行動だったので、交通機関を使っていろいろなところへ行ったり、
日本語の授業に招待されて一緒に授業を受けたり、
日本語を現地の学生に教えたりしました。

休日観光名所に行ったり現地の人たちと出掛けたりしました
具体的には故宮博物館、西門町、龍山寺、台北101、九分、台北国際花博(愛知万博のようなもの)、烏来、淡水。そして、太極拳をやりました。
 

 

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2011年09月 >
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆