n-cast+

特集

N-Caster:名古屋

2011
07/27

法学部生の自主ゼミ紹介!

皆さんこんにちは!
法学部のあゆゆです♪

大学では日々、学生によって自主的に様々な活動が行われています。
その一つとして、「自主ゼミ」というものが例に挙げられます。
…と聞いても、自主ゼミって何?何するところだろう?
そういった疑問を抱かれた方も多いのではないでしょうか?
そこで!今回は代表して、私が所属している自主ゼミを紹介させて頂きます♪
それでは、詳しい内容は続きからどうぞ☆

  まず、皆さんは大学に「ゼミ」というものがあるのをご存知ですか?
ゼミとは同じ分野について興味を持った学生が集まり、
一人の指導教員の下でその分野について研究・討論しあうグループのことです♪

通常、ゼミは授業の一環として全員がどこかのゼミに入ることになるのですが…
それを授業とは別に、自分たちで自主的にやろう!というのが自主ゼミです。

私たちは、法律家になるためにロースクール
(法科大学院ともいいます。これについての詳しいことはまた後日!)
入学を目指す仲間で集まって自主ゼミを開いています♪
メンバーは全員で5人。

少人数ですが毎週水曜日、授業終了後のお昼から夕方まで集まって活動しています。
活動内容は法律論文答案の作成と検討。

主に旧司法試験の問題を週ごとに範囲を絞って無作為に選び、
その場で解いています。
流れとしては、昼食後集まって一時間で答案作成→
その後各自の書いた答案をみんなにコピーして配り論点などを検討しあう、という感じですね?。

こういった活動内容や毎回扱うテーマ、
活動場所となる教室なども全部自分たちで考えて準備している
んです!

このように何でも自分たちで決め、そして準備して活動する、
というのが自主ゼミの自由でいい点であり、大変な点でもあります。

そこはやはり、リーダー的な人がいて取り仕切ってくれるので、
私のようなぼーっとした人間は助かっているのですが(笑)

実際の検討の様子はこんな感じです。

zemij1.jpg

みんなで机を合わせて、お互いの書いた答案を見ながら論点や書き方などの検討をしていきます。
良い点・悪い点含め大きなことから小さなことまでみんなで話し合い、
時には論点の確認として自分たちで授業のようなことをしながら、互いに教えあって進めています。
少人数なので、
一人ずつ全員分の答案を検討できること・議論に参加しない人が出ないことが
とてもいいなと
私は思っています♪

ちなみに、今回の範囲は刑法でした。
参考までに、私の答案を…

zemij2.jpg

こんな感じで裏まで続いています。
なぜ消しゴムを使わないんだ、と思われるかもしれませんが、
試験ではボールペンしか使えないためです。
あ!学部の試験はシャーペンで大丈夫なので、その点はご心配なさらず☆

こんな感じで答案をそれぞれ書いて、検討し合っています。
答案の書き方も千差万別、人それぞれなので他の人の答案を見るととても勉強になりますよ?!!

大学では、高校と違って何かを強制させられることは少なく、自由度が高いです。
これは一見、良いことだけだと思われがちですが、
自由ということは自分から何か行動をしなければ何もしないままで終わってしまう、ということです。

そのため、大学生活を充実させるためには、自主的な行動が必要不可欠となります。
また、このような自主的な経験は社会に出てから必ず役に立つのではないでしょうか。

他にも大学ではいろいろな活動をすることができます。
皆さんも、大学に入学したら様々な活動を自発的・積極的に行い、楽しい大学生活を送ってくださいね!
以上、法学部のあゆゆでした☆

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2011年07月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆