n-cast+

  • n-cast+ TOP
  • > 特集
  • > 東日本大震災 ボランティアレポート3(活動格好、ごはん編)

特集

N-Caster:名古屋

2011
07/15

東日本大震災 ボランティアレポート3(活動格好、ごはん編)

======================
7月17日(日)は
南山大学両キャンパスにてオープンキャンパスが行われます!
みなさんぜひご来場して下さいね♪
======================

総合政策部 4年 カキPです(*^_^*)

私は、6月に被災地 宮城県にボランティア活動に行ってきました。

ついに震災レポート第3弾です☆
活動格好、ごはん編では、現地でどのような格好でやったか、
現地で何を食べたのか
伝えます(*^_^*)

まず
格好についてです。
格好は、外の格好(軽装備)、家の中の格好(重装備)の2種類です。

●外の格好(軽装備)のバージョン●
よごれてもいい格好です。
外であれば建物の倒壊の危険性はないので軽い格好で作業します。
snsi1.jpg

長靴、帽子、簡易マスク、タオル、軍手


●家の中の格好(重装備)●
家の建物に入るので、
余震で建物が崩壊したときのためにヘルメットを着用。
家の中は津波であらゆるものが流されてきており、
危険なのでゴム手袋、皮手袋をします。

snsi2.jpg

長靴、ヘルメット、ゴーグル、防塵マスク、タオル、ゴム手袋、皮手袋


重装備の格好はとても暑いです。
しかし、もしもの備えでこの装備はとても必要なのです。
臭いがきつく、ホコリが多いのでしっかりと防備していきましょう。

つぎに
食事についてです
ボランティアに行く人が気になるポイントが食事ですね((+_+))
さて食事の面ではどうなっているでしょう。
snsi3.jpg写真4
基本食事は各自で持ってきたものを食べました。
例えば、パックのご飯、袋に入ったカレー、カップ麺をもっていきます。

しかし、
ボランティアセンターにも多くの方、国から支援物資が届いているので、
ボランティアの食事の環境も整ってます(*^_^*)
写真5
このようなものは自由に食べて大丈夫です。

震災直後は、コンビニやレストランは営業できなかったらしいですが、
今では普通に営業しているので、自分で好きなものを買って食べてください☆☆

普通に買えるので安心です☆

 snsi5.jpg

 


次回は、東日本大震災 ボランティアレポート4(現場から見た被災状況)です。
現在、どんな状況であるのか紹介します。

被害が大きかった所では、まだまだ片付けが進んでいません。
では、また次回です。
 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2011年07月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆