n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2011
06/24

南山大学のトイレと異文化!?

今回みなさんにお伝えする内容は、
身近ですがあまり注目されない「南山大学のトイレ」。
南山大学のトイレは、和式・様式が主流で、シャワートイレはあまり見かけません
それはなぜか、というエピソードを、ご紹介します。

日本には主に3種類のトイレがあります。
またぐタイプの和式、座るタイプの洋式、そしてシャワートイレ、
その3種類のトイレを私たちは使っています。
ところが海外ではそれが当り前ではなくて、そのほとんどが洋式なのです。

シャワートイレは、日本の介護の現場で用いられたことが最初と言われております。
そのことからもシャワートイレが日本独自の文化と言うことができるかもしれません。
日本人の皆さんも初めてシャワートイレを利用した時、
びっくりしたに違いありません。
何度か試しているうちにだんだん慣れて来て、
皆さんは使えるだけではないでしょうか。

私の友人の香港女性が、
日本旅行から帰ってきた時に、シャワートイレについてこう言っていました。

「あのトイレの下から水が出てくるのって何!? 絶対あり得ない!!」

香港のトイレは洋式トイレが主流。
彼女にとっては和式もシャワートイレも初体験だったんですね。
だけど、和式よりもシャワートイレの方が、
彼女の感性は受け入れがたかったようなんです。

この時に思ったんです。
南山大学にはシャワートイレはあまりなかったな・・・と。
和式と洋式は見当たりますが、シャワートイレは見かけません。

海外からの留学生が多く在籍をしている南山大学では、
シャワートイレを導入してしまうと、
留学生が混乱してしまうんだろうな、と思いました。

こんな理由で、南山大学にはシャワートイレがあまり導入されないのかもしれませんね。

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2011年06月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆