n-cast+

受験生へのメッセージ

N-Caster:名古屋

2011
01/26

2011年度入試 応援メッセージ!!?心理人間学科?

まだまだ続きます!
入試応援メッセージ★

センター試験も終わり、そろそろ本格的に
私大・国立二次対策が始まるころでしょうか。

最近はインフルエンザが流行っているようですね。
みなさん、くれぐれも体調には気をつけましょう!
 

今回は…心理人間学科の先輩からのメッセージです!!
続きからどうぞ☆


(1)ペンネーム
          ひろ

(2)所属する学部学科・学年
        人文学部 心理人間学科 2年

(3)何を専門に勉強しているか
       心理学科ですが、今は主に人間関係や、教育学を勉強しています。
他にも、それぞれ自分の好きな分野   (たとえば実験や統計など)も勉強することができます。


(4)入試直前のストレス対策を教えてください。

 私は、学校で友人と話すことが何よりストレスの発散になりました。
大学入試という同じ不安を持った、友達と話すと、
悩んでるのは自分だけじゃないし、みんな不安な中頑張ってるんだと思えたし
もう進路が決まってる子と話すと、いろいろ心配事を聞いてもらえたりと、
学校の子と受験の間近もよく話していました。

学校に行く間も惜しんで勉強することも考えてしまいがちですが、
今しか味わうことのできない高校生活も十分に味わうことで不安も解消されると思います。

 
(5)直前期にすべきおすすめの勉強方法を教えてください。

 直前は、難しい問題や、新しい問題に取り組まず、
今までやったことや一度解いて間違えた問題を解きなおすことが大切です。
新しいものに取り組んでも、焦ったり、ストレスになるだけなので、
今までやってきたことを信じておさらいをした方がいいと思います。

あとは、過去問題などをみて、傾向を見直したり、
本番に向けたシュミレーションをして、問題を解きなおしてみると、
当日落ち着いて問題に取り組むことができます。

(6)当日緊張しないための工夫または、当日気をつけるべきことを教えてください。

 緊張は、どうしてもしてしまうものなので、
無理になくそうとする必要はありませんが、
減らすために、自分に合った落ち着く方法を考えておくといいです。

私は、3年で一番頑張った学校祭で、友達と写した写真を持っていって、
受験会場で眺めていました。
なんだか、友達がそばにいてくれるようで安心しました。

あと、入試の事前に会場の下見をして、何となく大学の雰囲気を把握しておきました。
一回来たことある場所とない場所で受験するのは全然違います。
もし、大学に来ることができなくても、
たまに、新しい場所で勉強してみたり、
違った環境で勉強してみると、当日焦りません。
 
 当日気をつけることは、体調管理と、交通です。
試験が近くなったら、無理な勉強はやめて、
早寝早起きをして体のリズムを整えましょう。
体の調子が悪いと、どうしてもケアレスミスが増えたり、頭が働かなくなるので、
いい状態で試験に臨めることを第一に考えてください。

交通は、事前に電車の時刻や混み具合をしっかり調べて、
余裕をもって会場へ向かえるようにすると安心できます。

当日は雪などの天候で電車やバスが止まるという自体もあり得ますが、
大雪などの場合は大学が受験時間を考慮してくれることが多いので、
あわてず余計なストレスをかけないほうがいいと思います。

私の受験日も、大雪になり、受験時間が大幅に変更され、受験生は無事受験することができました。

(7)自分の学科を志望している受験生へのメッセージ

 私の学科は、他の学科に比べて、みんなの仲がとても良く、友達も沢山できます。
それは、一年の必修科目に人間関係概論というとにかくいろんな人と、
コミュニケーションをとるという、体験型の授業があり、
そこで沢山の人と友達になれます。

南山の心理は、人間関係の体験型の授業がとても豊富なので、
この授業以外でも、沢山の人と知り合うことができます。
学科でできた友達は、南山に来たからこそ得られた最高の財産です。
そして、心理の授業は、友達ができるだけでなく、
本当にユニークでおもしろい授業が多く、退屈しません。

人間関係は、将来どんな分野に行ってもつきものです。
南山の心理人間学科はこれから生きていく上で
とても豊かな経験や知識が得られます。

是非、心理人間学科で
すばらしい友人や経験に出会えるよう頑張ってください。待っています。

(8)全受験生へのメッセージ

受験は、辛い!苦しい!というマイナスなイメージを持っていませんか?
まさに大変なものですが、
受験というイベントは人生の間にそんなに何回もあるものではありません。

自分の目標に向かって頑張るということは、きっと一生の財産になります。

そして、受験の時には、不安や辛さを共有できる友達のありがたさを感じられる時でもあります。
そんなプラスの面も視野に入れてみるといいかもしれません。

自分のなかにある楽しい大学生活をイメージして、
体に気をつけながら頑張ってください!
努力した分、必ず成果は出るものです。南山で待っています。

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2011年01月 >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆