n-cast+

国際交流

N-Caster:名古屋

2010
12/10

*中国留学日記1*留学準備

こんにちは!

2010年9月から中国の南京大学国費留学中さーやです☆

私は南山大学の外国部アジア学科の3年で、
今は中国にいまーす^^
これから一年間、留学の様子や中国の紹介をこのn-cast+にアップしていくので、
是非これから見てみてくださいね☆

今回は留学日記第1回ということで、まず、
私が今回の国費留学決定に至るまでの経緯を紹介したいと思います!

そもそも「国費留学」ってなに?って思いますよね。
国費留学っていうのは、
国から奨学金をもらって留学にいくことができる制度で、
 

私は中国政府から奨学金をもらって留学中です。
私は高校生の頃から中国語に興味を持っていて、
大学生になったら中国留学したい!!とずっと思っていました。
 

で、大体の学生が2年生か3年生の時に留学に行くんですが、
2年次の自分の語学レベルでは、
留学に行くにはあまりにも低いと思ったため3年次に行くことを決意しました!


留学決定までの経緯を時系列にまとめると、

2年生
2月   : 奨学金申請の為の書類を揃える
(教授2名に推薦状を書いてもらったり、
中国で何を、なぜ勉強し、
どのように将来に役立てるのかを研究計画書という形で作成する)

3月2日 : 全ての書類を揃え、東京へ郵送する

(提出締め切りは3月9日だったけど、時間厳守なので余裕を持って!)



3年生
4月5日 : 二次選考に備え、健康診断を受けに国立病院へ行く

(一次選考の結果はまだ来てなかったけど、
健康診断の予約がなかなか取れない+
診断結果が出るのに最低一週間はかかる為
、早めに予約を!
また、一次選考に合格したら、二次選考((面接試験))に診断結果を持っていかなければならない!!)

6日 : 一次選考に合格したという通知が届く
9日 : 健康診断結果を受け取りに行く

(病院の人に無理言ってお願いして、
特別に早めに結果を出してもらいました^^; 
健康診断は保険が効かない為、2万円ほど実費負担です・・・)

14日 : 二次選考(面接試験)日@東京お台場

(私の面接時間は午前9時頃と早めだったので、
前日の授業が終わったらすぐ東京へ向かい、一泊して面接会場へ向かいました)

5月   : 二次選考合格の通達が届く



こんな経緯を経て、ただいま留学LIFEを満喫中であります!!(^□^)
最終合格を勝ち取るまでにはさまざまな困難や苦労がありましたが・・・



この国費奨学金のメリットは、なんと言っても金銭面!!!
中国へ行く渡航費は実費負担ですが、
留学先の授業料・寮費はもちろんのこと、
生活費として毎月おこづかいまで頂けるのです!!!
この奨学金は給付制なので、もちろん返金も必要ありません♪



日本と中国が相互に国費で学生を派遣しあい、
友好の懸け橋をつくる。
そんな願いがこの制度には込められているんだと思います。
責任重大で、身が引き締まる思いです!


もし中国留学に興味ある人は、是非この制度を活用してみて下さいね♪
では、次回は実際に中国での生活を紹介して行きたいと思いま?す☆

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2010年12月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆