n-cast+

国際交流

N-Caster:名古屋

2010
11/19

プロローグ~世界一周のキッカケ~

こんにちは。
総合政策学部5年の奥村宏也です。

今回は世界一周のキッカケの話をしたいと思います。

あなたは今高校生ですか?
それとも
あなたは今浪人生ですか?

僕は2年間の浪人を経て南山大学に入学しました。


驚く方もいるでしょう。
笑ってしまう人もいるでしょう。頭が悪い人だと思う人もいるでしょう。

でも今振り返れば、

体育大学を目指した高校時代の大学受験も、

そのために一年間新聞配達しながら予備校に通った一浪目も、

24時間大学受験のことしか考えていなかった二浪目も、

どんな時間を過ごしたときに対しても『後悔や悔いはない』と思えます。
もちろんそのときは辛いと思うことばかりでしたが。


伝えたい。
今、あなたがやっていることは絶対に無駄にはならない』ということを。



旅の話からそれてごめんなさい。
僕は二浪しました。この経験があったからこそ、僕は大学に入学したら、
何か大きな挑戦がしたいと思っていました。

そして入学し、大学一年の夏にRASAという学校建設ボランティアをするためにフィリピンへ行きました。

それまでの人生で海外に興味があったわけでもなかったし、海外にも行ったこともなかった。

でも何かしたかった。

そんな衝動で向かったフィリピン。

そこで目の当たりにしたのは、ゴミの山の上で生活している人々
路上には『マネー、マネー、』と言って寄ってくるストレートチルドレン。


日本では目にすることができない、地球の現実がありました。

でもそういう人たちの目ってまぶしい程にキラキラしていた。

僕はそこで思いました。

お金があることが幸せ?

デカい家に住むことが幸せ?

愛する家族と一緒にいることが幸せ?



一体何が幸せなのか…

みんなが幸せなら世界は平和になると考えるようになった。

そして僕の頭の中は
途上国』『貧困』『不平等』…『世界平和』の言葉で埋め尽くされるようになり、
大学で勉強を必死にやるようになった。

大学での勉強は机上。

でも僕はもっとこの目で現実を見たいし、
どうしたら幸せになるのか、平和になるのか
考えるためにいろいろな国々へ行ってみたい、と思った。

というプロセスで

そうだ、世界一周しよう♪

という一つの具体的な夢を抱くようになりました。

プロローグ??世界一周の決断?へ続く。

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2010年11月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆