n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:名古屋

2010
10/20

小学校へGO!!トワイライトスクールにて

みなさんこんにちは☆

法学部法律学科3年のあおりんです。

すっかり涼しくなりましたね?。

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・。みなさんはどんな「秋」を楽しんでいるでしょうか?

季節の変わり目、カゼをひかないように要注意ですよ!

さて、私は子供たちが好きなので、大学生生活は塾講師のアルバイト小学校のボランティアに力を入れています!そこで今回は小学校のボランティアを紹介しますね☆

名古屋市の小学校ではトワイライトスクールといって、学校の授業が終わってから施設において子供たちが学年交流や地域での世代間交流などを図るための、学校開放事業があります。

 

いわゆる学童の学校バージョンのようなものです☆

私は月に数回、このトワイライトスクールのTAとして、活動しています!

 

子供たちは小学校1?6年までの子が30?40人いますが、低学年の子が多いです。ですので、みんなとっても元気☆★☆

 

施設の中では、走り回っている子がいたり、おもちゃが飛び交っていることは日常茶飯事!


活動内容としては、一緒に折り紙や命令ゲーム、何でもバスケトなどをして遊ぶことです。ブロックやままごとで遊ぶときもあります

わたしがこの活動を通して学んだことは、沢山あります。

まず、子供たちを「生徒・子供」として接するのではなく、一人の人間として接することです。

いつも人数が多いのですがしっかり名前を覚えて、名前で呼んであげるようにしています。学校の先生にもアドバイスを頂くこともあります。また、子供たちは、先生を自分のものにしたいし、もっと自分を見て欲しい、認めてほしい、と思っているのです。

なので、少しの事でもしっかり褒めてあげること、いけないことは、その場でしっかり伝えること。これは、いざやってみると本当に難しいことです。


高校生のみなさん、子供が好きな人、学校の先生を目指している人がいましたら、ぜひ活動してみてくださいね☆

笑顔で元気いっぱいの子供たちからパワーをもらえるはずです!

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2010年10月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆