n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:特集

2010
09/29

全国の大学生が一カ所に集まる合宿★

みなさん、こんにちは。総合政策学部2年のゆかこです。

夏休みはもう終わってしまいました。皆さんは、どんな夏休みを過ごしましたか?

今回、私の夏休みを紹介します。

私は9月5日~8日まで群馬県で行われた
政策・情報学生交流会に参加してきました。

政策・情報学生交流会とは、
年に2回(夏と冬)行われ、
全国の政策に関心のある学生が集まり、
普段出会うことのない他大学の学生と交流する場です。 
北は北海道、南は長崎の学生が参加しました。

今回で31回目を迎える伝統ある交流会です。


では、具体的に何をやるの????

政策・情報 学生交流会では、メインの企画として、分科会企画があります。 

≪分科会企画って・・?≫

1組10数人のグループに分かれ、
定められたテーマにそって、
大学や学年の垣根を越えて意見交換・議論する企画です。 

例として・・・私の分科会はオリジナリティーについて
他大学の学生と議論、意見交換しました。
分科会にはチューターという学生がおり、
その人たちが考えた企画内容に沿って、進めていきます。

分科会のテーマは、毎回違います。
分科会は10個ぐらいあるので、
自分の興味ある内容の分科会を選ぶことができます。

私の分科会のメンバーは、
千葉大学、岩手県立大学、関西学院大学

立命館大学、長崎大学、中央大学でした。
 分科会では初めて会った人と本気で議論や意見交換をします。



他大学の学生と話すことで、たくさんの刺激を受けます。

たとえば、起業している学生や、
農地を借りて農業をやっている学生、
一人でアフリカに行きアフリカの現状を見てきた学生など
いろんなことに挑戦している学生に出会うことができます。

そういった学生とかかわることで
今までの自分の学生生活を振り返り
もっと主体的に行動しなければならないと感じます。



大学は本当に自由です。
何もしなければ何もせずに時間が過ぎていくし、
やりたいことがあれば無限にやることができます。

高校生の方は、大学生になったら是非、
自分から積極的に動いていろんな人と出会い、
多くの考えや意見を吸収して自分らしい大学生活を送ってほしいと思います。

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2010年09月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆