n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:特集

2010
08/29

大学生の夏休み:竹切り物語その1

タンクトップ。それは汗をかく人類にとって最高の発明品である―

take2.jpg

 

 

私、りなはこの夏、ボランティアに参加しています。
ただただ、竹を切るボランティアです。

 これはCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)に関連して、愛知の私立7大学が行うイベント、
「40000個のキャンドルナイト」
のための準備作業。

キャンドルを灯す竹筒を4万個製作します。

一年の絶滅種を表すこのキャンドルたちは、9月19日(日)白川公園にて、一斉に点灯
 

老若男女、高校生、誰でも参加出来ます。
当日の点灯スタッフ、募集中だそう。

 

 気付けば私、これに5回も足を運んでいる。
なぜそんなにも参加するんでしょうか。

 

 わからない!


 自分の研究に関する、竹の加工の様子を知るため、これに一度は参加したいと思ったのがきっかけです。

 当日は安全のため長袖、長ズボンの指定。つば付き帽子も持参。
 

蒸し暑い8月上旬でこの装いは、堪えます(^^;
そこで長袖の下に何となくまとったのが、黒のタンクトップでした。

 

作業会場・愛知学院では大学生が十数名電通・朝日新聞の大企業社員が1名ずつ参加。
 

作業は、

ただただ竹を切る。

 内心、落胆しました。
竹の加工過程が目当ての私にとって、職人のいない竹切りは研究と関係ないから。

 だからと言って「すんません、やっぱ帰りますわー」とは死んでも言えない…。
目の前には黙々と作業を進める若者たち!22歳、奮起せねば。

 

 私は参加者の女の子・ひろちゃんとペアになり、無理にやる気を起こして竹に刃を投入。
 

ぎこぎこ。ぎこぎこ。

切れない。
強い日照りと、滴り続ける汗でイライラしてくる。
 

ぎこぎこ・・・がしっ。

のこぎりの歯が竹に捕まった。動かない。
そしてその瞬間私のスイッチがオン。

・・・(竹切り物語その2へ)

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2010年08月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆