n-cast+

学生支援活動

N-Caster:特集

2010
05/07

NSOからの学生生活紹介??留学生のRちゃん前篇?

NSO(NANZAN Speak-Out)の学生生活もついに?、
4人目のRちゃんまでやってきました!

Rちゃんは台湾からやって来た、T君と同じく総合政策学部に在籍している女の子です。

彼女が自分の言葉で綴ってくれた学生生活紹介。みんな必読です☆

1.大学でしてきたことを教えてください♪

私が南山に留学しに来たのは、
当然総合政策学部の守備範囲の広さも魅力でしたが、
日本に対する憧れの気持ちが強かったことが主な理由です

日本は歴史的にも地理的にも台湾と関係深い国で、
日本のものも台湾でよく流行っています。

私にとって日本はいつもキラキラしていました。

そして日本が輝いている理由と、
その反対である裏の日本を知るために、日本で生活してみたい
と思ってこの南山大学総合政策学部に留学しました。

大学に入って、一年生の時はずっと日本語の読解、
文法、発表のやり方とレポートの書き方を勉強しました。
勉強の時間以外は、韓国、タイ、中国の留学生と食事会したり、
リトルワールドにいったり、雪合戦したり、韓国語を教えてくれたり、
ルームメイトと一緒に京都旅に行きました。

せっかく留学のチャンスで国際的な環境の整った南山に入ったので、
総合政策学部でしっかり勉強して色んな視点で思考できる人間になろうと思いました

頑張って勉強した事も実って
留学生の中で成績第二位をとって大学の奨学金をもらいました

勉強は確かに重要でした。
しかし、友達作りも自分の使命と思いました。

留学生だからこそ、国と国の架け橋になれるし、
色んな国の人と友達になって、多元的な考え方と価値観をシェアして、
その中からまた新しい考え方が生み出せます

文化と文化の交流で新しいものが作れること
人間関係のネットワークは自分の人生の中では貴重な資本だと思いました。

そして、私が新たに挑戦したことは、
三年生の時に
交流会館
(留学生と日本人学生が共同で生活する寮)の寮長
になったことです。

私は今まで、リーダーにの下でフォローにまわることが多く、
みんなの前にたって、指揮をとったりするのはは初めてで、
慣れていなくて辛い時もありました

でも今になって思えば、寮長になって、むしろ良かったと感じます
十分な準備をするためには十分に考えなければいけないことを学びました。

今まであまりに考えることのなかった私ですが、
寮長になってからだんだん考えることのできる人間になってきました。
私にとって大きな成長で、とてもうれしいです。

これからも関係を広げながら、
考える力を身につけること
を今後の目標にしたいです。


 ***************

沢山の学生生活を知ろう!

☆NSOでは5月15日(土)よりイベントを開催!
その名もモンマルトルカフェ!!

新入生向けに先輩たちが大学でのさまざまな
相談にのるというイベントです。
教職を目指す先輩、フェアトレードに詳しい先輩、
世界一周した先輩、留学生と日本人学生を橋渡しする先輩、
パリコレでバイトした先輩などなど、個性的な先輩と話をしてみませんか?

新入生の視野を広げる出会いが出来る機会を学生で作っていきます。
ただいまそのイベントの準備真っ最中。

詳しくはNSOブログで☆

http://ameblo.jp/nso-jp/entry-10506323750.html

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2010年05月 >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆