n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:特集

2009
12/25

映画製作ロケ奇談?「知られざる苦労と努力」

撮影は、新入生代表の主人公(マユ)が壇上から
タクマに向かって自分の想いをぶつける場面。
 

きっと実際には、映画の中では5分程度のシーンだと思う。

 

けれどこの撮影に、丸1日がかかった。


 

演台でタクマに向かって彼への想いを伝えるマユを撮影する。

 想いをぶつけられたタクマの表情を客席で撮影する。
 

どよめきを表現するエキストラの生徒達をメインにして撮影する。
 

マユを止めようとして突き飛ばされる先生は、
カメラに映っていなくても、見えない場所で演技を続けている。

 

客席の右側から、左側から、舞台の上から、下から、様々な角度で撮影する。


 全ての場所で同時に撮影することはできないので、NGではないのに、

 「何度も同じシーンを繰り返し、異なる角度から撮影する。」

役者はこの1日で、30回くらいは同じセリフと、同じ動きをしたんじゃないだろうか。
こうやって苦労して撮影したカットを繋ぎ合わせて、映像は作られるのだ。


 

「知られざる苦労と努力」

それがあるからこそ、良い物が出来上がるのだろう。


どんな事も、努力なくして花は咲かない。
苦労を乗り越えた者にのみ、
成果という果実を手にすることができるのである。

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2009年12月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆