n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:特集

2009
12/14

映画製作ロケ奇談?「世界を創る為のこだわり」

東宝映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』の製作現場におじゃましました。

 南山大学の学生がエキストラで参加しているので、その様子を見てきました。

 映画製作の現場で感じたことを書きたいと思います。

 

主人公マユは、幼馴染のタクマを追って、同じ高校に入学します。
今日の撮影は、高校の入学式のシーン。マユは新入生代表の役どころ。

 そう、南山学園の講堂が、その入学式のシーン


 

一歩、講堂に入ると…
舞台には深いかえで色の緞帳(どんちょう)に深い緑の垂れ幕が架かっている。
何百席もの椅子が並ぶ客席には、かえで色のカバーが掛かった布地の椅子。
古びた木の香りのする白壁の講堂は、普段は少し薄暗くノスタルジックな感じがするのに、今は明るい。

 

私は講堂の一番端の椅子に、ゆっくりと腰をかけ、回りを見回した。

薄暗さを感じさせないのは、屋外に何本ものライトを立てて、窓から人工的に光を差し込ませているからだ。
窓際にかかる、ベージュ色のカーテンには、透き通る白いカーテンが付け加えられ、やわらかな風、そして朝の少しひんやりとした風をやさしく運んでいた。


 

壇上を飾る花は、実際に入学式や卒業式などで注文する花屋から届けさせている。
なるべく本物に近い形に近づける。

 「ディテールへのこだわりが、世界を創る。」

 そんな美術担当の人の声が聞こえてきそうだ。
 

 

よりリアリティを出すため、出来ることは全てする。

そこは確かにいつもの空間ではなく、役者が光り輝ける世界が創られていたように思う。

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2009年12月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆