n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:特集

2009
12/25

映画製作ロケ奇談?「大切なこととは」

「今からこの部屋の音を録ります。
皆さん静かにしていて下さいね。」

“部屋の音”ってどんな音なのか、
想像できますか。

私にはその音がどんな音なのかさっぱりわからなかった。

助監督の一言で入学式の講堂は、静まり返る。
あまりの静けさに、目を閉じると、
ここに何百人ものエキストラがいるのを忘れてしまいそうだ。

「無音(むおん)」

これを今から録音すると言う。
なぜ、か?


映像と映像を繋ぎ合わせると、
どうしても“つなぎ目”が出来てしまうそうだ。
この“つなぎ目“に「無音」という音をかぶせる。
だから、シーンごとに無音が必要なのだ。

講堂の無音、教室の無音、廊下の無音。
どれも同じ無音のようだが、
同じではない。


「目には見えない、音としても聞こえない。けれど、大切なコト。」

映画製作の現場に来なかったら、
このことに気がつかなかっただろう。

「行動することが、何かを得られるきっかけになる。これも、大切なコト。」

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2009年12月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆