n-cast+

特集

N-Caster:特集

2009
08/12

How to study Japanese ?現代文勉強のススメ?

みなさん、こんにちは! 
ようやく梅雨もあけて、暑い日もありますが、
勉強ははかどっていますか?

特に受験生の方たちは、夏休み中、みっちり学習を進めていくと思います。
そこで、これからいくつか質問をします。
みなさん、次の項目に当てはまるかどうか、正直に自分を振り返りましょう。



? 今やるべき勉強が分からなくて、ただ漠然と無計画に勉強している。
? 南山大学は英語ができなきゃ入れない。だから英語を他のどの教科よりも頑張っている。
? センター試験は受けないから、センター試験の準備はしない。
? 私立大学の入試はマーク式が多いので、マークの問題を解いて勘を鍛えれば何とかなる。
? 現代文を苦手なのに勉強していない。
もしくは、(現代文に限らず、英語も)長文を読んでいてもあまり頭に入ってこない。


 他にもまだいろいろな項目はあります。
つまり、僕の言おうとしていることは受験に不安を抱いていないかということです。
これを読んでいる方たちは、おそらく受験生ですよね。
今からでも、十分間に合います。
受験生の方で、国語でつまずいている方(特に現代文)必読です。
よかったら最後まで目を通して下さいね。

現代文・・・、と聞いて、
普段しゃべっている言語だから勉強する必要がないとか、
現代文の点数は運次第と思い込んでいる方はいませんか?

確かに、現代文は勉強をしなくてもある程度できてしまうのは事実です。
そして、何も勉強しないのに、満点近くをたたき出してしまう方も中にはいます。
しかし、受験生の多くは、現代文の勉強の必要な人です。

なぜなら、南山大学の平均点はわかりませんが、
センター試験の平均点がどうして、
毎年200点中100点に達しないのでしょうか?

それは、受験生の中に現代文を学習しない受験生が大量にいるからです。

そして、そういう方々は現代文の点数は愚か、古文、漢文の点数も悪い。。
さらには、英語の点数も悪い。


何でか・・・?


理由は簡単です。
「言葉を知らない」からです。

余談ですが、全ての教科に使われているのは日本語。
つまり現代文です。
従って、「現代文を制する者は受験を制す」とまでは大げさですが、
現代文ができると、全ての教科の基礎ができます。
ゆえに、現代文の学習は受験勉強に必要なのです。
 


 これだけでは納得をしにくいかもしれませんね。わかりやすくするために具体例を出しましょう。
「絶対」と「相対」という単語の意味を言えますか?
恐らくですが、この単語をわかりやすく、自分の言葉で説明できる子はあまり多くいません。

「絶対」というのは、簡単に言うと、「比べる対象がないこと」を表します。
昨今流行っている小中学校での「絶対評価」は、自分がどれだけできたかという、
自分だけの比較のことです。
それに対して、「相対」というのは、
「比べる他者が存在し、実際に比べること」を指します。
もうわかりますね。
「相対評価」とは、あるクラス全員の中(すべてが他者)で、
その中で自分はどの位置にいるか、ということを加味した評価方法のことです。
これが、「絶対」と「相対」という言葉の説明です。
これを、どんな文章でも、そのニュアンスに合わせて説明することが非常に大切です。

これができない受験生は結構います。
これを読んだ受験生たちは、運がよかった。
明日からでも日本語のボキャブラリーが増えるように、
少しでも迷いがある言葉はどんどん辞書を引いて調べてください。


 
 ところで、話は飛びますが、先ほどの「絶対」と「相対」。
英語で言うと “absolute” と “relatively” になります。
これを通学の電車の中で必死に英単語帳で覚えているんですね。
でも、日本語ですら意味もわかってないのに、
これらの単語を含んだ英文を説明できますか?
まして英文で出てきたら意味がわかるはずがないでしょう。

だから、先ほどから述べているように、現代文は大切なのです。
ボキャブラリーを増やす意味で、現代文は重視して勉強するべきです。
また、現代文というのは、点数に差ほどぶれがないので、
一度高得点がたたき出せるようになると、得点源になり、
自信にもつながります。だから、早めからの勉強をお勧めします。
 

 
 勉強方法
について、少し触れておきたいと思います。
今学校で使っている教材。これは、非常に優れていて、学習するに値します。
だから、授業の予習・復習で単語の意味調べはとても重要です。
まずは、これをしっかり行ってください。

その際、使う辞書も肝心です。『広辞苑』はよくないです。
書いてあることがすごく難しいです。
だから、中学校で使用するレベルの辞書をお勧めします。
現代文のボキャブラリーを増やすために、
現代文の単語というのも、河合塾、Z会などの出版社を始め、
多くの会社から出ています。

また、正直、教科書だけでは、読み足りません。
「センター試験」の過去問などは、選択式であり、
南山大学とも出題形式が似ているので、お勧めです。
さらに、ジャンルも偏ることなく、良問が多いのも特徴です。
一日1題ずつ、評論、小説と交互に勉強していくといいと思います。
そして、解き終わったら、必ず復習として、2?3回本文と設問を読み直してください。
できれば、違う日をお勧めします。
今は点数を気にしてはいけません。
むしろ、「何で間違えたのか?」そこを突き詰めて考えるべきです。
因みに、僕は、50点中10点以下からの出発でした。
だいたい現代文だけで毎日2時間近くかかるでしょうが、
慣れてくるまでの勝負です。頑張ってください。
 
次回は英語です。近日中にアップするので、
勉強に困っている受験生の方々、
もしよかったら、見てください。
絶対成功する夏にさせましょう☆

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2009年08月 >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆