n-cast+

南山の先生について

N-Caster:名古屋

2009
07/01

「南山の先生」第16弾 旅行はね・・・45ヶ国以上渡り歩いたわよ!!!!

 みなさん、こんにちは^ω^)’+.

初登場です、英米学科2年のゆかりです!

 

春学期もあっという間にもう半分が過ぎてしまいました(-ω-;

睡眠時間はちょっと足りないけれど、それよりもやりたいことをやれるだけやっているワクワクの方が大きい!!

毎日楽しくがんばりましょー♪

さてさて、恒例となりました南山の先生紹介ですが、何かが足りないと思いませんか?

それは…

南山なのに…

 先生の国際色があまり豊かでない!!!!


 ということで、はりきって英語でインタビューにチャレンジしてみました★!
早速わたしのコミュニケーションのクラスのSuzanne Bonn先生を紹介しまーす(^^)♪


 

 スザンヌは日本に来るまでどんなことをしてきたの?

カナダのオンタリオ州に生まれて13歳まで過ごし、

13歳でアメリカに渡ってミシガン州の高校へ!

ここがおもしろいところでね、高校に住み込みで写真と織物について学んだの。

大学はウィスコンシン州のUniversity of Wisconsinで、専攻は言語。

フランス語とドイツ語をダブルメジャーで専攻して、ドイツには1年間留学していたわ!

その後翻訳会社に勤めたのだけど…

学生のときにアルバイトとして留学生に英語を教えていた楽しさが忘れられなくって

結局会社をやめて、英語の先生になるために大学院に通うことにしたの。

カリフォルニアに渡ってMonterey institute of international studies2年間通ったわ。

その後ミシガンに帰ってMichigan state universityで留学生に英語を教えていたのよ


 どうして日本で英語を教えようと思ったの?

そうねえ…ミシガンで教えていて思ったのだけど、留学生たちは日常生活でも英語にどっぷり浸かっているから、学生たちも英語を覚えなくちゃいけない環境にあるでしょう?

だけど教室から一歩出たら母国語の世界に戻ってしまう生徒達に英語を教えるためにはどうすればいいのかなあと思って。

学生たちのモチベーションをどうやって高めよう?どうやっていい授業環境を作ろう?

そうやって新しい課題を自分に与えることによって、もっといい授業ができたらなあと思ったからアメリカを離れてきたの。

日本を選んだのは大学院のときの大親友が日本人だったから

あとは、日本には行ったことがなかったからこの機会に行ってみようと思っていたのもあるわね。


 スザンヌの趣味はなに?

映画を見ることと、料理と、旅行かな?

好きな映画は…多すぎて決められないけれど、見ていて元気になれる映画が好きね!コメディーとか。ブリジットジョーンズの日記なんか好きよ。

料理はね…日本人に混じって料理教室に通っているの。

まだまだ日本語は勉強中だから、先生の言うことが分からなかったり、レシピの漢字が読めなかったりと大変だけど、周りの生徒さんたちに質問したり、先生の行動を見て英語でメモを取ったりしてがんばっているわ。

和食、洋食、中華料理がマスターできて日本語も学べるなんてすてきでしょう?

それから旅行はね…45カ国以上を渡り歩いてきたわ!

最近行った珍しいところは南アフリカ共和国のモザンビーク島かな?

実はまだスカンディナビアの方に行ったことがないの!

いつか絶対に北欧を訪れてみたいわ!


 授業を行う上で心がけていることは?

日本語が聞こえない授業にすること!

生徒ひとりひとりが心地よく感じられるようなクラスをつくること!

理想は日本にいながら北米の大学の雰囲気にすることね。

ただ先生の言うことを聞いてノートを取って…という受身の授業よりも、生徒たちが自由に自分の意見を言い合えて、自主的に意欲を持って勉強できるような授業になるように心がけているわ。


 南山大学/英米学科の生徒のこと、どう思ってるの?

大好きよ!!!

緑がたくさんあったり、たくさんの生徒たちがグリーンエリアやベンチでランチをしていたり、この大学の自由な雰囲気が好きよ。みんな楽しそうだもの

それから…日本人はシャイになりがちだけど、英米の生徒たちは積極的で向上心のある子が多いからディスカッションでの発見も多いわ。


 

高校生たちに一言おねがい!

ここにはあなたの新しいアイディアや新しい考え方を試せる素敵な環境があると思うわ!

Come to Nanzan!!!


 


 


 

気付けば1時間も話し込んでしまってびっくり(ω;)

スザンヌ、長い時間インタビューにつきあってくれてありがとう!!…ちゃんと訳せているかな?


 

スザンヌはもちろん、南山のネイティブの先生たちはとにかくパワフル!!

文法が正しい綺麗な英語を話さなきゃ…とか、発音がきたない…とか、そんなことはひとまず置いておいて!

恥ずかしがらずに話しかければフレンドリーに返してくれるから、入学したら(まだしてなくても!)みんなぜひぜひしゃべってみてねー(^^)★

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2009年07月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆