n-cast+ TOPガクセイ部ログ >学生相談室!?さまざまな悩みを気軽に相談できる場です?

ガクセイ部ログ

学生相談室!?さまざまな悩みを気軽に相談できる場です?

    こんにちは、はじめまして。
    今年の4月から学生部次長(厚生担当)になりました松田京子(人文学部日本文化学科)です。厚生担当の前次長のお仕事を引き継いで、主に奨学金に関連する事項を担当します。どうぞ、よろしくお願いします。
    さて、ゴールデンウイークということで、明日から大学の授業は一週間、休みになりますね!皆さん、この休日の予定は、もう決まりましたか?

    新学期が始まって一ヶ月になりますが、新入生の人はもちろんのこと、二年生以上の人も、この4月から、学年の進行とともに演習形式の授業が増えたり、新しい専門科目の授業を受講したりと、何かと環境の変化を感じている人も多いのではないでしょうか。新しい環境での生活は、自分で気がつかないうちに疲れが溜まっていることもよくあります。この疲れを回復するという意味では、ゴールデンウイークの休日は、本当に良いタイミングでやって来るなあと個人的には痛感しています。この休日は、のんびり過ごして休養するというのも、いいかもしれませんね。
    でも、普通の休養ではなかなかとれない心身の疲れを感じた時は、大学の保健室や学生相談室で、気軽に相談してみてください。学生相談室については、あまりよく知らないという人もいるかもしれませんが、学生相談室は、対人関係や家庭生活、課外活動、進路など、学生の皆さんが学生生活を送る中で直面するさまざまな悩みや問題を共に考えていく場です。学生相談室での相談は、すべて専門の心理カウンセラーの人と1対1で行われ、個人の秘密は固く守られますので、ひとりで悩まずに、ぜひ気軽に相談室を利用してください。ただ充分な相談時間を確保するために、原則として予約制ですので、名古屋キャンパスの場合は学生課厚生係か保健室、瀬戸キャンパスの場合は第2課(学生生活担当)か保健室に、予約を申し込んでくださいね。直接申込でも、電話でも大丈夫ですよ!
    なお、学生相談室の詳細については、以下もご覧ください。
    http://www.nanzan-u.ac.jp/GAKUSEI/pdf/2009soudanshitsu.pdf

 

2009.04.28