n-cast+

特集

N-Caster:

2008
10/10

連載企画?COP10 朝日新聞社座談会

本日のテーマは・・・・

 
朝日新聞主催「朝日新聞 環境7大学集中公開講座2008」大学生環境座談会
 
 
ご存知のとおり、2010年名古屋で開催されるCOP10(コップテン)に向けて、愛知の7大学(南山大学・名城大学・中京大学・愛知淑徳大学・中部大学・愛知学院大学・愛知大学)それぞれが著名人を向かい入れ、環境についての講演会がリレー方式で行われました♪
 
各大学のゲストと講演内容
 
●南山大学                 浅井慎平さん「今我々ができること、しなければいけないこと」
●名城大学                 椎名誠さん「異文化から再発見する日本」
●中京大学                 北野大さん「北野大のやさしい環境講座」
●愛知淑徳大学         末吉竹二郎さん「地球温暖化を巡る世界の流れ」
●中部大学                 アグネス・チャンさん「水の惑星に生まれて」
                                     武田邦彦さん(中部大学教授)「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」
●愛知学院大学         中村利雄さん「地球環境問題と市民の役割」
●愛知大学                 石原良純さん「空を見よう(気象予報士から見た環境)」
 
 
 
そこで先日、各大学の学生が集まって講演会の内容や感想を報告し合う“座談会”が開かれ、わたしも南山生として参加してきちゃいましたッ★
 
 
 
2008年9月某日 pm3:20・・・

 

  

朝日新聞社名古屋本社 会議室。
 
 
 
 
 
朝日の広報の方3名と記者っぽい方1名を目の前に
 
ついに学生7名+司会者(記者)と共に座談会がスタート!!!!!
 
 
 
テーマ 「私たちの考える環境問題」
 
 
 
主に、講演を聴いて思ったこと、聴く前と聴いた後の心の変化、私たちは環境のために何ができるかetc・・・・についてトークでした!
 
 
やっぱり、それぞれのゲストによって環境への視点や講演内容・スタイルはさまざま★
 
 
中京大の北野大さんなんかは講演中、ビートたけしのモノマネをしたそうで・・・!?
 
 
まぁ、それが激しく似ていたことは言うまでもありませんね(笑)
 
 
 
 
90分で終わるはずだった座談会は、思いのほか話しが膨らみ延長戦へ!
 
 
 
最後の「今私たちに環境のため何ができるのだろう」という問いには
 
 
ムリのないエコ活動!!!!
 
という答えがでました。
 
 
例えば、冷暖房は省エネ温度に設定するとか、携帯電話の充電機をいつまでも差したままにしないとか、メモ用紙はチラシの裏を使うとか、無駄にシャワーを使わないとか・・・・・
 
 
やっぱり、人間全てを完璧にやろうと頑張り過ぎていたら、いつか必ず途絶えてしまいますよね。
 
 
なので!
これ以上地球を苦しめないためにも、私たちが継続的に続けられるエコ活動、略してエコ活 をしていかなくてはならないんですッ!!!
 
 
 
今日からでも遅くないです!
 
 
 
みんなで ?エコ活? をスタートさせましょう?♪??
 
 
〓icco〓

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2008年10月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆