n-cast+

  • n-cast+ TOP
  • > 国際交流
  • > フランス留学15 つくしの子が恥ずかしげに顔を出す季節ですから

国際交流

N-Caster:

2008
08/01

フランス留学15 つくしの子が恥ずかしげに顔を出す季節ですから

*今回のは気持ち悪いかも知れないから、「ウッ…」ってなる前に止めといてね☆

Salut a tous!!
引っ越しました。

場所は、LA DEFENCEという郊外の超ビジネス街です。
滞在許可証も降り、場所も一転し、調子は最高!
新しい生活のスタートです!

パリとはまた全然違い、高層ビル(こんなの日本で建設したら地震で崩れる…というようなものまで(笑))が沢山あります。
 2008.05.15 075s.jpgのサムネール画像

 2008.05.15 013s.jpgのサムネール画像   

 2008.05.15 014s.jpgのサムネール画像

2008.05.15 089s.jpgのサムネール画像

 

ここのシンボルは新凱旋門。
2008.2.10 130s.jpgのサムネール画像
 

私はここに来て以来、この風景に憧れをもっていました。パリが好きな人は、結構嫌いっていうひとも多いんですが、私は住むならこっちがいいと思っていたのです(すべて新しいから)。

そして、やっと、ついに!
友人のつてでお部屋を借りることができました。


今回もルームシェア。現在日本人3人で暮らしています。
でも、私がここに着いたばかりの頃は私とまさちゃん(パティシェ)の二人だけでした。
今回はそのときのお話。


住みだして2週間ほど経ったある日の夜、
まさちゃんが固まった顔で私に話しかけてきました。

蟻がいたよ、今日。」と。

彼女は月曜日休みなのですが、ちょうどその月曜日の朝、遭遇したらしいのです。

蟻の群れと。

キッチンにすごいいっぱいいてね、潰すの大変だったんだよ!」と。

しかし今キッチンを見渡しても、そんな気配はどこにもない…。

ちなみに私は虫が大嫌い。死ぬほど嫌いです
小学校の大イベント・林間学校のビデオで、私の袖に知らない間にくっついたアゲハ蝶の幼虫を見て

「ほんぎゃーーーーーーーーーぃ!!!!!!!」

とすごい声で叫びながら逃げ回った映像が今でも残っている程。
結局そのビデオは全クラス中に回され、「お前すっげー暴れてたな」「りなちゃんすごいね!」と賛辞の声、そして小学校隠れアカデミー賞を頂きました。


私はただただ
「自分が蟻に遭遇しなくてよかった☆」と卑怯な女に徹していました。
それから2日後…。
天罰が下ることになります。


朝起きて、お風呂場に蟻が一匹。
まさちゃんの言ったとおりだ。蟻だー。
と思いつつ、可哀そうだけど虫は掴めないので、アリ君とはシャワーでララバイをし、そのまま毎朝の楽しみ・朝ごはんを食べにキッチンへ直行。

すると…


20匹ほどの蟻が、キッチンの左横に付属している棚から水道の前、そして水道の右横にある壁を一直線に行き来しているではありませんか。

戦慄。背筋に戦慄。

うっわーーー出たーーーしかし家には私一人。

ずるいこと考えた天罰だーーー。

と後悔するも、先に立たず。
取りあえずここは男前にならなくちゃいけないと思い、アリの出所をまず確認せねば…!

恐る恐るその戸棚(何も入ってないです)を開けてみる。

中には50匹以上の蟻がホームパーティー。

ぎゃあああああああああああああああああああああ。


引きました。女の子として生まれたリナ、完全に引きました。
こんだけ集まってしまえば、もうゴマなのか何なのか訳わかりません。ゴマが嫌いになりそうです。

しかしやはり家にいるのは私一人。

何とかせねばぁぁぁ…


素手でやっちゃう勇気は無いので、家の洗剤置場を漁ってみました。
大家さんが残していってくれたアイテムの中に何か宝は…
そして見つけた、何とも体に悪そうな着色料100%の緑の消毒剤。何となーく強力そう。

さてさて、キッチンに戻り、あとは噴射をするのみ。


そんな中、ぐるぐると色んなことが頭の中を過ぎりました。
こいつらの命を私は今から奪う。私はこいつらにとって大量殺虫犯。
しかし!やればできるよできるよやれば!!!!!!

3,2,1―――
蟻の宴会.jpgのサムネール画像

GO!!!
ぎょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーむGUILLOME!!!!!!!!!!!

洗剤のトリガーを秒速で引き続け、液体も見る見るうちに減っていく!!


―そして10分後、キッチンは緑の液体で溺死したゴマたちでいっぱいになりました…。


また、それをふき取る作業はこの上なく気持ち悪く、しかも生命力の強い何匹かは、溺死したと見せかけてふき取られる瞬間に動き出すという姑息な技も使ってくるので、私も最後の手段でプチッ、プチッと嫌な音を立てて潰し…

とにかく完了…。

 

すぐに蟻の出てきそうなところには全てガムテープを張り、洗剤という洗剤で穴を埋めました。

ちなみに、私たち人間は2人とも甘いものは置いていませんでした。
なぜ出たのでしょう!?


その一週間後、またキッチンで20匹程の蟻を見かけましたが、前回に比べると大したことのない数。

素手で潰しちゃいました☆
しかも結構途中からぐへへへ笑いながら☆

自分自身とても気持ち悪い光景でした。


その後、私たちの徹底した蟻対策withガムテープにより、彼らは突如姿を消しました。

しかし今でも、私とまさちゃんは「アリ」という言葉に敏感です。

 

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2008年08月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆