n-cast+

日々のあれこれ

N-Caster:

2008
07/01

TAってなに?

どもども。皆さんこんにちは。RYUUSYOUでございます。

ところで皆さん、TAって言葉、ご存知ですか?

teaching assistant の略で、先生の補佐をする在学生のことをいうのですが、一体どんなことをしているのでしょうか?

知りたいですか知りたいですよね!!!!????

そんなあなたのために、実際にどんな事をやっているのか

 

お 教 え い た し ま す ! !

まず基本的なことは、そのまんまですが 授業の補佐をすることです。

実際に授業でやったレポートの採点をしたり、
体にハンディーキャップを持った学生のために一緒に授業を受けてノートを取るノートテイカーなんて事もしています。

瀬戸キャンパスにある学部、総合政策学部数理情報学部に所属する学生は全員借用ノートパソコンを持つ事になるので、必然的にパソコンの授業が必修であります!

え、パソコンなんて今までさわったことないよ!! っと思ったあなた!!安心してください。

大学に入ってから初めてパソコンに触れたという人も、けっして少なくないのです!!!

それに必修となると、学年全員受けるわけなので、一つの教室にもたくさんの生徒がいて分からない人へのサポートがきちんとできないときもあるのです。

そんな時にはTAの出番なのですっ!!!!!

数理情報学部ではプログラミング実習、総合政策学部だとコンピュータ基礎演習など、パソコンをメインとした実習や演習では先生の他にもTAがいるので、分からない人への対応もバッチリなんです!!

更には借用ノートパソコンが壊れてしまったり、うまく動かないといった場合のサポートなんかもやっているのです!!

いや、転んでディスプレイが壊れてしまいました。といった場合だったりすると流石に専門の業者の方にお願いする、といった形になるのですが(汗

でもインターネットにつなげなくなってしまったり、ウィルスに感染してしまった場合の対処であったり、他にも瀬戸キャンパスにはプリンターもあるので、(カラープリンターもあります!!去年から導入されて、スキャナーまであるのです!!!)うまく印刷できない、などなどのトラブルの対応もTAの仕事になります。

そういう僕も、1、2年生の時は非常にお世話になった一人なのですが・・・。

業務内容も自分で選べるので、パソコンに詳しくないけど、数学の先生になりたいから数学の採点TAだけやったりすることも出来ます。

また、将来はIT関係の仕事につきたいからパソコンのトラブル対応のTAだけやって、授業の補佐はしない、という人もいます。

 どうですか?TAの事、少しでもわかっていただけたでしょうか?

 わからないことを、わからないままにしないように。

できないことを、できないままにしないように。

大学生活を、ほんのちょっとだけ支える仕組みが、TAなんじゃないのかな?っと僕は勝手に思っています。

(RYUUSYOU)

 

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2008年07月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆