n-cast+

  • n-cast+ TOP
  • > 国際交流
  • > Communication in Spain!(その4)

国際交流

N-Caster:

2007
10/11

Communication in Spain!(その4)

 レオンでのホームステイの間、言語センターの日本語の授業に見学に行った。その際、レオンに住むスペイン人の学生と仲良くなり、Barに連れて行ってもらったり、地元のパーティーに連れて行ってもらったり、何度か地元の大学生達と一緒にサッカーをしたりした。また、学校では絶対に教えてもらえないような俗語もたくさん教えてもらった。
spain4_1.jpg

そしてまた、僕逹が日本に帰国してからしばらくして、彼は日本に遊びに来てくれた。その際はこちらが日本を案内し、一緒にフットサルをして、日本の居酒屋で一緒に盛り上がった。彼らといろいろな場所へ行き、さまざまなことを話し合って、新たな刺激を受け、もっと色々な事を知りたい、さまざまな体験をしたいと思うようになった。そして、僕は今までただ漠然と英語やスペイン語を勉強してきたが、実際それらを使って彼らとコミュニケーションをとる事で、自分が今まで何のために外国語を勉強してきたのかということを実感したし、もっと多くの事を話せるようになりたいという、目標も見つけることができた。

 スペイン人達と話をしていて、彼らの考え方には我々日本人とは大きく異なっている点が多々あることを感じた。また、他の文化に触れることで、日本の文化の特徴にも気づくことが出来た。例えば、世界で働き者と呼ばれている日本人。しかし、日本の社会で生活していては、それが当たり前となってしまっているため、なかなか実感することは出来ない。しかし、シエスタの時間や、日曜日にはまったく働かないスペイン人達を見て、我々日本人がいかに働いているかということに気づいた。また、昼休みや日曜日にお店が開いていないと生活に支障をきたす自分は日本人だなと再認識した。そして、他の文化に触れることで、世の中にはまだまだ自分が体験したことのないようなおもしろいことや、自分とはまったく違う考えを持つ人、まったく違った生活を送る人がいるのだと実感し、様々なことをなんでもやってみようという気持ちが生まれた。
spain4_2.jpg
 たった1ヶ月間の研修だったけれど、日本にいてはできないような様々な体験をし、なんにでもチャレンジしようと前向きな気持ちになれたのは、僕のこれからの人生を変えるような大きな出来事だったと思う。本当に行って良かった。この体験を無駄にしないためにも、これから様々なことにチャレンジしていきたいと思う。








 ということで、中野君のスペインでの体験記いかかがだったでしょうか?これからも様々な角度から国際交流についての記事をアップしていきたいと思うのでよろしくお願いします☆

(まるこす)

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2007年10月 >
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆