n-cast+

卒業生

N-Caster:

2007
05/27

先輩と語ろうセミナー!!

 みなさん、”空港”と聞くと何を連想しますか?
飛行機、海外旅行、フライトアテンダントなどなどでてくると思いますが、空港を想像するとワクワクしませんか?海外旅行はもちろんですが、遠方への旅行も空港を利用しますよね!? 楽しい旅行は空港から始まると私は思うのですが、私達が楽しいと思えるにはやはり、まず空港のグランドスタッフの方々が助けてくださるからだと思います!グランドスタッフの方々がいなければ私達は楽しい旅に出発できないのですから・・・。

 今回の先輩と語ろうセミナーに来ていただいた大宮久美子さんはまさに中部国際空港のグランドスタッフとして活躍され、大宮さんが所属されている旅客部門についてのお仕事についてお話を聞くことが出来ました。

 私達は普段旅行者として空港を利用していますよね。旅行者からの目線ではカウンターでチケットの発行と荷物管理のみが業務内容かと思いがちですが、グランドスタッフの仕事は3つあって、貨物・ステーションコントロール・旅客に分けられるそうです。旅客部門では主に荷物の預かりやチケットの発行はもちろんですが、パスポートの有効期限が切れていたり、現地からスーツケースが届かなかったりという乗客の方の様々な問題に対応することも重要な業務の1つだそうです。そして一番の目的はこのような乗客の方の不具合をなくし、旅行を思いっきり楽しんでもらうことだそうです。素敵ですね・・・☆★

 そして新規路線の立ち上げ時にはグランドスタッフも海外へ行き、お手伝いをするのだそうです。空港には日本人だけでなく様々な国からのお客様もいるので、何か1つ外国語が話せるとコミュニケーションに役立つそうです。英米学科の私としてはやっぱり英語を頑張らなきゃという気持ちになったのですが、皆さんご存知のとおり中部国際空港から出発、到着する飛行機は必ずしも英語圏のものとは限りません。アジアの国々やヨーロッパなど様々な国につながっているのです。だから1つの国と言語を極めていくのではなく、様々な国の文化や習慣を学び、知ることも世界へとつながっている空港では大切なことだと感じました。毎年各国から留学生を迎えている南山大学では海外に目を向けやすい環境が整っていて、このようなことは学びやすいですね。

現在3年生である私はもうそろそろ就職を真剣に考えなければならなくなります。これは実際に司会をやってくださった方が質問してくださったのですが、「就職を考える上で自分に向いている仕事と好きな仕事どちらを選ぶべきなのか」は難しい問題です。大宮さんは”好きなこと”で選ばれたそうです。大宮さんは空港の魅力を“空港は世界につながっている。ここからは世界へ旅立てる。そんな場所に身をおく楽しさ”だとおっしゃっていました。自分の職場に魅力を感じ、その場にいることが好きだと思えることでも十分就職先を選ぶ動機になるのですね!!自分はこれが苦手だから・・・と初めから全てを制限する必要は無くて、やってみなきゃ分からない精神も大切なのではないでしょうか。自分の好きなことだから頑張れる!私はそんな風に思える仕事に就きたいとこころから思いました。

そして最後にこの言葉でセミナーは終わりました。
”語学が堪能でも人間性が無ければだめ。人に接する態度が重要“(私には英語が話せてもだめだというように聞こえました)グランドスタッフは接客業です。人とのかかわりを大切にし、気持ちよく旅行に出てもらうためには相手を思いやること、相手が感じていることを察する気配りなど人間力がやはり一番なのだと痛感させられました。ひとりひとりにちゃんとあったサービスを提供するのは難しいことですが、それが達成出来たときの喜びは大きいですよね!!今回本当に貴重なお話を聞くことが出来てとても参考になったし、就職への意欲も高まりました☆★

(たえ)

このページのTOPに戻る ▲

n-cast+に関する最新情報をRSSで取得

< 2007年05月 >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ncast+編集局

ncast+編集局

南山大学学生入試広報スタッフとは世を忍ぶ仮の姿。果たしてその実態は…!?
あなたの生活に+を届ける【エヌ・キャスター】の姿をお見せします☆